町田市鶴間の胃カメラなら はなみ内科

町田市鶴間1-19-35 南町田クリニックビル I 3階

042-796-1111

胃カメラ

胃カメラで胃がんを早期発見

胃カメラで胃がんを早期発見

胃カメラ(上部消化管内視鏡)は、小さなカメラによって食道・胃のポリープやがん、胃・十二指腸潰瘍、炎症の有無などを調べるのに用いられる検査です。
胃カメラを定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が飛躍的に高まります。特に、慢性萎縮性胃炎やピロリ菌感染のある方には、定期的な胃カメラ検査をお勧めしております。

経口内視鏡による検査を採用

胃カメラ検査は挿入する場所(鼻か口)によって呼称が変わり、それぞれ経鼻内視鏡・経口内視鏡と呼ばれます。
当院では、経口内視鏡による検査を採用しております。経口内視鏡は、嘔吐反射が誘発されやすいという負担は少々あるものの、カメラの解像度が高く、視野角(観察できる範囲)が広いこと、操作性の良さなどから、診断能力に優れています。
また、ご希望の方には鎮静剤を使用し、少しウトウトしたような状態で検査を行います(ぐっすり眠ってしまうと、むしろ危険でありまた観察不十分となる部位があります)。

経口内視鏡検査の流れ

予約

胃カメラ検査の予約を入れていただきます。

検査当日

  1. 上着を脱ぎ、メガネ等ははずし、ネクタイやベルトを緩めるなど、首やお腹の緊張を解いて、ゆったりとした格好になります。
  2. 咽頭(のど)に麻酔をします。
  3. 左側を下にしてベッドに横になり、検査が始まります。
    ※鎮静剤をご希望になる方には、鎮静剤を注射してから検査を行います。
  4. 口から胃カメラを挿入していきます。
  5. 食道、胃、十二指腸を観察します。
  6. 眠気を醒ます注射をし、しばらく休んでいただいてから結果を説明します。
    ☆鎮静剤希望の方は当日車の運転は控えてください。

こんな症状に胃カメラ検査をお勧めします

  • 上腹部が痛む
  • 胃に不快感がある
  • 胸やけがする
  • 喉、または胸につかえ感がある
  • 吐き気、嘔吐を催す
  • 黒い便が出る
  • 貧血を指摘されている
  • 急に体重が減った
  • 顔色が悪いと言われる
  • 胃のバリウム検査で異常を指摘された
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがある
  • 肝硬変と言われている(合併症の一つに食道静脈瘤があるため)
  • 食道がんや胃がんを治療したことがある など

胃カメラ検査で発見される消化器疾患

  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 食道静脈瘤
  • 胃潰瘍
  • 急性/慢性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍 など